会社概要

社長挨拶

 備後アスコン株式会社は、アスファルト舗装の材料であるアスファルト混合物の製造および販売を中心に、道路舗装工事で発生したアスファルト廃材の中間処理、再生骨材を利用したリサイクル事業を行っている会社であり、広島のインフラ整備に重要な役割を担ってまいりました。
日本鋪道株式会社(現:株式会社NIPPO)福山合材工場が長年続けてきた事業を引継ぎ、2016年に備後アスコン株式会社として創業いたしました。
弊社は、「確かなものづくり」をスローガンに掲げ、製品の品質向上を目指し、また環境資源(廃棄物)を利用した商品を製造することで、循環型社会の構築および広島の発展に貢献していきます。

備後アスコン株式会社
代表取締役社長 越後谷孝司

会社概要

会社名
備後アスコン株式会社
所在地
〒721-0931 広島県福山市鋼管町1番地
TEL
084-945-2580
FAX
084-945-2577
代表者
代表取締役社長 越後谷孝司
資本金
1,000万円
事業内容
アスファルト合材製造販売 アスファルト・コンクリート廃材リサイクル その他関連製品販売
売上高
約4.3億円(2022年3月期)
従業員数
5名
許可・資格
産業廃棄物処分業 許可番号 第09120192477号

会社沿革

1969年
日本鋪道株式会社(現 株式会社NIPPO)福山合材工場として福山市瀬戸町に設立
1990年
日本鋼管株式会社(現 JFEスチール株式会社)の敷地内に移転
2016年6月
株式会社NIPPOより事業譲渡をうけ備後アスコン株式会社設立